読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、私無料ブログで消耗してます。

無料ブログで消耗している40代おっさんの雑記ブログ

まだ日本で消耗しているの?若者よ一度は海外に出よう!!パート4(お仕事の探し方)

海外生活色々

こんばんは、最近ランサーズにも手を出してしまった気が多い無料です。

 

今回は、ワーホリでのお仕事の探し方についてです。

 

前もって言っときますが、私がワーホリでオーストラリアに行ったのは十何年も前なので殆ど役に立たない情報かもしれません。(すんません)

その点だけご了承ください。

 

【仕事の探し方】

 

1.渡豪前にワーキングホリデーのエージェントを使い事前にバイトを用意してもらう。

 

2.お店に貼ってある張り紙を探し応募する。

 

3.ワーキングホリデー事務所で広告をみてさがす。

 

4.新聞(当時は日曜日の)求人広告でさがす。

 

5.人材派遣の会社に登録する。

 

6.知り合いに紹介してもらう。

 

ざっとこんな感じだったかと思います。

 

一番安全なのは向こうに行く前にワーキングホリデー専門の会社を通しそこで、VISAの手続きから、住居、お仕事まで前もって決めてもらう事ですね。でももちろん費用がめちゃくちゃ掛かりますね。。(100万以上とか)

 

あとは、お店の張り紙を見て声をかけてみるか、ワーホリ事務所で探して見るかでした。

 

当時のオーストラリアは日曜日の新聞に求人がいっぱい載っていました。もうそれがメインみたいな勢いで、、、でもこれらはオーストラリアの方向けですから、外人のワーホリ人にはちょっとハードルが高かったですね。。。

 

一番いいのは、オーストラリア人の知り合いとかに紹介してもらうのが良かった感じがします。(なかなか無ずかしいですが。)

日本人のオーナーはワーホリの人が仕事探しに必死と言う事を知っているので、待遇が悪い事が多かったです。

 

ただ今はネットの普及で仕事の探し方も違うでしょうね。

 

次に仕事を得るのに必要な事ですが、次の2点が大事です。

 

1.語学力

  英語が出来る出来ないのでは全然違います!!!渡豪1年ぐらい前から英会話教室や、オンライン英会話で練習してちょっとでも英語が喋れる様になるのが理想です。まったく出来ないっす オレ!よりかは全然ましです。

 

2.仕事のスキル

  結局これが無いと何の役にも立たないので、日本の大企業でただサラリーマンを嫌々やっていた自分はスキルがありませんでした。

今、専門職に就いている人とかは有利です。

 

ですので、英語が出来てらめーんが作れる人や寿司が握れる人、接客業が得意な人などの様に語学力と仕事のスキルがあれば結構有利かと思います。

 

もラーメン屋にいた時、板前さんが仕事を探しに来られたな、、、

 

まあ、やってみないと分らないっすかね!(すんません、なんか投げやりで。。。)