読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、私無料ブログで消耗してます。

無料ブログで消耗している40代おっさんの雑記ブログ

これからは転職の技術が必要な時代!!?

今昼間お世話になっているバイト先が近々移転し今よりもだーいぶ離れたところに移るらしい。

時給は高く無いが、色々と融通が効くところだったので長々といてしまったんですがこれを期に、一回やめフリーターになろうかと思っている。

会社側は好条件を出してでも、出来れば正社員になってもらいたいようだが、社畜だけにはならない事が、自分のポリシーなので当然交渉する気もない。。。

ただ、一つ気になるのが、今まで一緒にやってきた方がかなり大変な目に合う事は目に見えているので、中々放っとけないのが心情です。

なので、

立ち上げ時までは手伝ってやろうかと上から目線で考えている。

まあ、それは置いておいて海外にいた時の事をふと思いだした。

 

海外(欧米)ではだいたい、ちょっとでも雇用条件が良いところにどんどん転職していくのが当たり前で、日本みたいに定年までいる様な考えは無いようです。

私も、知り合いに前職の話をした時に、そこに6年務めていたといったら、え~そんなに長くも?同じ会社に?ってビックリされました。

6年って日本じゃ短い方ですよね、、、サラリーマン社会では。

 

給料が良いところに就職、転職する為に、資格を取ったり、大学、専門学校に行きそれが企業に評価されるのが向こうのやり方です。高い学歴、資格を持ってる人にはそれなりの待遇がされます。

とても理にかなっていますよね。

 

日本は幾ら大学でたって企業の対応はそんなに変わらず、昔からの年功序列の風潮が今も根付いているので、従業員の学歴、資格はさほど評価されず本人のスキルとは全く関係ないような部署に配属されたりしますよね。

 

なんか、無駄が多いんですよね、、、やることに。

 

多くの有名企業が経営不振に陥っている中、これまでの様に務めている企業が安泰とは限りません。

特に中小企業の倒産率は非常に高い。

そんなところに勤めて30年ローンとか本当に良く組めるよなって思います。

自分はそんな怖い事はできません。(一度やって失敗してるので)

 

こんな不安定な世の中を渡るには、すぐに新しいところに移れる転職のスキルではないでしょうか?

日本人はまだ不慣れなことですが、これから先いつ勤め先がつぶれても次に移れるスキルがいると思うのです。