はい、私無料ブログで消耗してます。

無料ブログで消耗している40代おっさんの雑記ブログ

あのジョニーデップが破産寸前だって?

きょう昼休み中にネットニュース読んでたら、あのジョニーデップの豪快な消費っぷりな生活が書かれてた。どうやらジョニデはワイン代に約400万円、ボディーガード代に約1700万円をど毎月払っていたらしい。そして一番びっくり扱いたのが毎月の生活費、、、これがな、なんと2億2千万円!!!!年間じゃなく月ですよ、月、、、

 

所有の不動産は14カ所、車は45台、豪華ヨット1隻、プライベートジェットもあるは、フランスにもなんかあるは、読めば読むほどチョービックリとしかいいようが無い怒涛の浪費ぶり、、、これがセレブの生き方なんでしょうね。。。

 

でも、この生活はジョニーの収入を超えているらしく、現金は6ヶ月しか持たないとのこと。

 

確かに、お金持ちの人にはお金を使って欲しいとは思っています。お金は循環させないと社会全体が回らないし潤わないので。大金持ちはどーんっと大金もちしか買えないようなものを買うのがこの資本主義社会の姿だと思います。

なので、ジョニーデップの浪費っぷりはこれにより助かっている人、企業、なども多いと思います。

 

ただ、収入を超える消費となるとどうかなって思います。

借金も大いみたいなことも書かれてますので、今後のジョニ様の事がなんだか心配ではあります。

 

まあ、お金に変えられるものを沢山持っているので何とかなるんでしょうかね?

それともまたカリビアンやるんでしょうかね、、、、えっやるんでしたっけ?

 

どっちでもいいですが、、

 

本当はSEOの失敗談を書くつもりでしたが、ジョニでのニュースにビックリして内容変更してしまいました。

 

 

ブロガー、ライターともに商売人でもある

もともとこのブログを始めたきっかけは、自分が知っている商売の知識を無料ブログを使いネットビジネスに応用するのが目的でしたが、去年の自分の行動を振り返ると全くこの目的からそれまくってしまい、周りに流されてしまっていた1年だったと今更ながら思います。

ネット上では「無料ブログでは稼げない!」といった情報ばかりなのでこれに実際本当かどうか調べてみるのと、あわよくば周りがビックリするような結果が出せればと思ってましたが、ほんと考えがあまちゃんでした。

 

ただ、去年いろいろやって思った事はやっぱり、ブロガーだろうが、アフィリエイター、WEBライターだろうがフリーでやってると言う事はカテゴリーに関係なく皆「商売人」であると言う事です。

 

やっぱり、自分が売れないと駄目だし、そのための経営戦略、戦術はいるもんだなと言う事でした。

 

自分が去年やっていたことは「絞り込み、一転集中型」のブログ運営でした。

 

読者とネタを絞り込んでやってましたが、マーケットが小さいのと、なかなかお金に結び付けるのが難しく後半は、完全にブレまくり色んな事に手を出すようになり中途半端な状態になりました。

 

なぜこのように、ブレてしまったのかと言うと結局はちゃんとしたプランが出来てなかった事かと思います。

 

ブログ運営も事業と同じ、年間、月間、週間、そして毎日の計画が必要です。

そしてPDCAサイクルを回し、修正していかないといけません。

そして、明確なゴール!これがないと完全にぶれます。

 

最終目標地点が見えていないとどこに向かって走っているのかわかりません。

 

目的地が無いまま出航しているようなもんです。

 

並みにゆられユラユラとどっかの無人島に着くのではなく、ちゃんとコンパスを使って目的地に辿り着きたい。そう思います。

 

その為には、目標設定を明確にしなければ。。。

 

今年は、去年と同じ事はしたくないので。

 

関西ライター新年会に参加しました!(酔っ払い過ぎて帰路が最悪でしたが、、、)

昨晩、関西在住のライターさん達による新年会に参加させていただきました。

参加された方の中にはライターさんだけでなくブロガーさんまたその他の事をされている方々もおられました。

そして、その中にはライター界では誰もが知っている方が何人もおられ、本当にこんな自分がいて大丈夫?ってな感じでしたね。

 

参加された皆様は本当にビックリするぐらい気さくで、親切でちゃんとされてる方ばかりでした。そして皆さんお若い!!!自分めっちゃ浮いてました。。。

皆さんお仕事について色々と話されている中、ライターでもなんでもな弱小無名ブロガーな自分は、どうにかしてこの緊張感を取る為にひたすらビールを飲みまくり、酔った勢いで色んな方とお話させていただきました。(一方的に絡んでいただけですが。)

でも本当に貴重な体験をさせてもらった思います。感謝!

 

初めは、1次会で帰るつもりでしたが、その場のノリで2次会まで参加させていただきました!でもここからの記憶が殆どありません。。。最低です。。。

 

2次会も終わりお店を出でて駅までウトウトしながら歩いていたら、、、

 

「おにーさん遊んでいかない?」って外国人の女性が自分の方に寄ってきました。

 

あまりよく覚えてませんが、多分、断りながら歩いてたんでしょうね。

そしたら、人の腕を引っ張ってどっかに連れて行こうとしてきました。。。

 

こっちは酔っ払い過ぎて何が起きているのか分からないままひたすら歩いてたら、今度は年行ったオバサンまで参加して自分の腕を引っ張ってました。。。

 

そして、その後の記憶が無く

 

気づくと。。。

 

「あの~すいません何方まで行かれますか?」と駅員さんに起こされてました。

 

そうです、私電車の中で消耗してました!!!チーン!!!

 

電車の中で寝てしまい終点まで行ってました(´;ω;`)最悪―!!!

 

当然帰る電車なんて無かったのでタクシーで帰る事になりました。

 

帰りのタクシー代なんと6000円オーマイガー

 

携帯には嫁さんからの電話が鬼の様に入ってました。。。(そりゃ心配するよな、、、)

 

タクシーから降りたら家に着くまでに2回スローアップして本当に最低最悪な状態で帰宅。。。

 

この後の展開は皆さんのご想像通りですが、、、

 

いや~お酒って本当に怖いものですね。。。。もう嫌ですこの年になってもこんなアホやってる自分が。

 

この際断酒してみようと思います。

 

でも皆様本当にありがとうございました!今度はしっかりしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事と遊びは違う物 

たまに、私の仕事は遊びですって言う人がいます。中には事業に大成功されている人もいます。もし本当にそうであればその人の仕事はまさに「天職」と呼べるでしょう。

基本的に仕事とはお金を得売る事が目的です。

何かをしてあげた事に対する言わば報酬(お金)これを得るための奉仕が仕事かと思います。

 

でも、わざわざ他人にやってもらうと言う事はそれなりの理由がそこにはあります。

 

1.本人が出来ない事、本人自身が出来ないからお金を出して他人にやってもらう事。

自分がしたくても、技術的に出来ない事はそれが出来る人に頼むしかありません。

一番わかり易い例がお医者さんです。家族みんなが病気を治す方法を知ってれば誰一人として病院には行かないでしょう。

電車、バス、タクシーなどもそうですね、車持っている人は基本的にいりませんがそうでない人はお金を出して利用するしかありません。

 

2.自分でもできそうだが出来ればやりたくないので他人に頼る事です。

つまり世間一般的にやりたくない事、人がやりたがらない事です。(具体的例を上げるのは控えさせていただきます)

 

 

3.本人がどうしても手に入れたい物

2つ目は本人がどうしても手に入れたい物です。つまり欲求を満たす事、物です。

人が流行りの物を欲しがるのは良い例です。その為には大半の人がお金を払います。

海外旅行、観光地に行くのもそうです。温泉に行くのもそうですね。

ですので、その人その人の欲求を満たす商品を提供する、サービスを提供する事は仕事として成り立っていきます。

 

以上の事柄が仕事の基本的な事かと思います。これらの事をすれば報酬としてお金が得られます。

 

 

では、遊びでお金は得られるのか?

 

「遊び」でも物によってはお金が発生します。

例えば、私が好きなスマホゲーム、これにはお金が発生します。スキー、ゴルフ、読書、旅行すべてお金が発生しますが、これらはお金を支払う側になってしまいます。

お金をもらう側にはなれません。

 

ですので、基本的に遊んでいてはお金は得られない

そう思います。(当たり前のことですが、、、)

 

遊んで暮らすってまずあり得ない事です。

 

まぁ人により遊びの解釈の仕方が違うかもしれませんが

お金を得る事が仕事で

お金を得られない事が遊び

そのように思います。

 

もし遊びが仕事になると言う事があるとすれば、それはきっと今までに無い全く新しい物やサービス、情報これらを遊んでいるうちに生み出したら、仕事になる可能性もないかもしれません。

 

でも、この様な事が出来る人たちは世間で「天才」と呼ばれる人たちだと思います。

 

自分みたいな凡人は真面目に働く以外ないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

風水で運気を上げて行こう!PART3八宅風水

 えー今回は八宅風水についてかなり大雑把に書いていきたいと思います。

 

今回も、黒門先生監修の「風水・家相」を参考にさせていただきます。

 

八宅風水とは八宅派と言う流派の陽宅風水です。

家の中の気の流れを読んで調整をしますが、この気は目には見えないので、家の方向と住んでいる人の「本命」つまり、生まれ年で判断していくやり方です。

ここの間取りにはこうゆうのを置いた方が良い、色は何色が良いといったやり方ですね。この辺になると何か聞いたことがあるっている人もいるんじゃないんでしょうか?

但し、このやり方は九星気学を使った風水とはやり方が違うとの事です。(九星気学って知りません。。。細木〇〇さんのあれですか?)

 

あと、建物自体に吉方向と凶方向がありますが、住人にも吉方向と凶方向があります。自分はまだこの辺が良く分ってませんが、住人本人の「本命卦」について書いてみます。

 

本命卦とは古代中国の易をもとにした陰陽と八卦です。陰陽を八つに分けたもので、人の持って生まれた性質の様なものです。つまり、生まれた年により8つにタイプが分れるという事です。

 

本命卦とは、生まれ年を八卦の離(り)、艮(ごん)、兌(だ)、乾(けん)、坤(こん)、巽(そん)、震(しん)、坎(かん)に分けたものです。生まれた年により艮になったり、兌になったりすることです。また、本命卦は同じ生まれでも男性と女性で違います。

これを知るにはこのような風水の本がいりますね。

 

ちょっと脱線しますが、最近もうコンビニで宣伝している恵方巻ですが、変なのは年によってかぶりつく方角が変わりますが、八宅風水では生まれによって皆さんの吉方向は異なりますし、もっと言うと凶方向もあるので、知らず知らずに凶方向をむいてカブリついていたりして。。。。ああ怖い。。。

 

自分の方位の吉凶を知るには「本命卦別八宅盤」と言うのがいりますがこの本には載っています。

 

あと、方向を調べる時に必要な「太極」、「本命卦別八宅盤」の中心にくる部分ですが、これの調べ方がちょっと難しいです。どうやらこの部分を正確に出さないと全ての方角がずれてしまい、吉と思っていたところが実は凶だったりするそうです。

 

四角い部屋だしたら、部屋の四隅からの対角線が交わったところが「太極」になりますが、そうでない場合はやり方が変わりちょっとややこしいです。

 

基本的には家の正確な平面図がいるそうです。そしてその図面を厚紙に貼り付け色々やらないとけないそうです。。。。ややこしい。。。でもちゃんと、正確にするには必要なんでしょうね。。。

 

なんか、話が難しくなって来たので今回はこの辺で失礼します。

 

次回(未定)は八遊星について書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

サークルKサンクス お気に入りの酎ハイ(もぎたて ストロング9% ぶどう)

f:id:muryoublog:20170111190518j:image

 

でーん!ほぼ毎晩のように飲んでる、アサヒのチューハイ ”もぎたて”シリーズのぶどう味です。

いつも近所のコンビニのサークルKで買って飲んでます。

このもぎたてシリーズ以前は、レモン、グレープフルーツ、ドライ程度でしたが、最近種類が増え、ミカン、梅味とか出てますね。(梅味はちょっとでした、、、)

 

味の方はと言うと、ぶどうジュースに使い感じがします。みかんもそうですね、ジュースっぽくて飲みやすいので、アルコール苦手な方や女性にも良いんじゃないかと思います。

 

なにやら、収穫後24時間以内に作ってるんですかね、あまり新鮮さは感じませんが。。。アサヒフレッシュキープ製法とやらみたいです。

果汁2パーセントの内有機農産物3パーセント使用との事、、、うーん今ひとつ謎、、、

”もぎたて”なんで、新鮮さ、素材の良さをアピールしてるんでしょうね。

 

ちなみに、アルコール度数は9パーセントなんで、ビールやその辺の酎ハイよりも高いので飲み過ぎに注意です。

 

昔は、第3のビールを飲むことが多かったんですが、最近はほんと酎ハイ、ハイボール系がおおいです。歳のせいか、疲れているのかわかりませんが、甘いのもOKですね

 

一番のお気に入りはキリンのビターシリーズですが、あったりなかったりが意外と多い。。。

 

まあとにかくこの”もぎたて”シリーズかなり飲みやすいので、一度飲んでみてはいかがでしょうか~(って宣伝かよ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風水で運気を上げて行こう!PART2(基本編)

せっかく風水に触れることになったので、自分の頭の中を整理しながら「風水の基本」から纏めていきたいと思います。

 

今回参考にするのは黒門先生監修の「風水・家相」と言う本です。池田書店1300円+税)

どこの本屋にも今の時期には置いてあるかと思います。

 

 

風水とは大地の気を読み幸運を呼び込む術】

 かなりザックリのまとめですが、大地には(龍脈)と(龍穴)があるとされてます。

(龍脈)は気が大地の上を流れるルートをみて(龍穴)は気が集まる気のスポットです。そのスポットを探し利用します。

ちょうど、龍脈は人体で言う経絡で、龍穴はツボにあたります。

 

気の流れを上手く調整して、人体なら健康に運気なら幸運に持っていく事ですね。

 

風水の種類としては

 

地理風水、陰宅風水、洋宅風水と大きく3種に分かれます。

 

地理風水は広範囲の地形を見ます。

陰宅風水は死者を埋葬するところを見ます。

陽宅風水は私たちが住む家の気をみます。

 

皆さんが気になるのは陽宅風水になります。今後の話は陽宅風水を基本に中国の要素を加えたものになります。

 

【この世のすべてを2つに分類する陰陽】

天と地、男と女、生と死、外と内、夏と冬などの様に「陰と陽」としてわかれると一応されていますが、この陰陽は常に変動するものなので完全な陰、完全な陽は存在しません。大極が陰と陽に分かれ宇宙のあらゆる事ものが生まれたとの事です。

陰と陽を4つに分けそれをさらに陰陽に分け8種たのが「八卦」です。

当たるも八卦、当たらぬも八卦の奴ですね。

 

【宇宙のすべては5要素からできている。五行】

古代中国の思想ですべての物は「木・火・土・金・水」の五元素から構成されていると考えられ、このサイクルが循環し、お互いに影響を与え、物が生まれ、または無くなるとされます。

 

この考え方は、風水だけではなく占いや、中国医学にも用いられてます。

 

五行の相生の関係

木は燃えると火に、火は燃え尽きると灰に(土)、大地(土)からは鉱物(金)が掘り出され、金属(金)を冷やすと水が付き、水は木の根を潤い養う。

これが理想のサイクルですね。

 

五行の相剋の関係

木は土から栄養を奪い、土は水を吸い、水は火を消す、火は金を溶かし、(金)斧は木を切り倒す。

 物事がうまくいかない時のサイクルです。

 

五行のほかに、五方、五季、五色、五常、五情、五臓八卦などがあります。

 

 

【らん頭・理気 地形と気の流れで土地の吉凶をみる】

 

 らん頭とは目で見える形で気の流れを判断する方法。

理気は目に見えない物で判断する方法。

 

らん頭では、龍、穴、砂、水の4つのポイントからその位置関係で吉凶を判断します。

天地のエネルギーに影響を与えるのは風と水で、その流れを作るのが地形です。

この地形が気の流れに影響し気の善し悪しが決まるとのこと。

 

理気は目で見ることが出来ない気の状況を読むときの方法です。気はどこにでも流れていますが、直接みることが出来ないので、家の住人の生年月日や家の玄関向きから「易」や「陰陽五行」を用いて判断していくもの。

 

理想の形は自分の家の背後に高い建物(玄武)

          前に道路などがあり大きく視野が開いている(朱雀)

          左側の建物は自宅より低い(青龍)

          右側の建物は青龍より低い(白虎)

 

【四神相応】

かつては日本も風水と取り入れていてあの平安京風水では理想の(四神相応)になっていることで知られているそうです。玄武、朱雀、青龍、白虎が理想の形になってるようです。

 

かなり、ザックリの内容になりましたが、とりあえずここまでが「風水の基本」とさせていただきます。

次回は(未定ですが)八宅風水の基本編をザックリまとめてみたいと思います。

それでは、